プードルについて | ミニチュアダックスやカニンヘンを飼うなら広島のShortlegs Villageへご相談ください

プードルについて

プードルの歴史

プードルの歴史

プードル(Poodle)は、愛玩犬に分類される犬種のひとつです。
古くからヨーロッパで広く見られたものの、特にフランスでの人気が高かったことから「フレンチ・プードル」と呼称されることもあります。
起源については不明な部分が多いですが、非常に古くからヨーロッパ各地にみられ、原産地を特定するのは困難ですが、フランスで人気を博したことから、フランスが原産とするのが一般的です。

もともとは水鳥猟で獲物を回収する水猟犬で、名前もドイツ語の「プーデルン(水をはね返す、水たまり)」からきています。
その後16世紀頃からフランスの貴婦人の間で人気が広まり愛玩犬としても飼われるようになり、ミニチュア・プードルが作られ、18世紀にはトイ・プードルが誕生しました。

プードルは軍用犬、盲導犬、番犬、大道芸人の馬車引き犬として利用され、さらに多芸犬としてサーカスにも出演するようになりました。
ダックスとコンビでトリュフ犬としてキノコのありかを探すためにも用いられていたんですよ。
プードルがキノコのありかを探して、ダックスが掘り出すというように。

毛の一部を刈る独特のカットは、心臓などを保護して水中で活動しやすくするために生まれました。

優雅な容姿、プードルの主な特徴と性格

気品に富んだ風貌を備え、利口で活発。
従順で、しかも活動的。バネのような軽やかな動きをしています。

被毛はカールしており、粗く密集してます。
また、とても抜け毛が少なく、体臭も少なく、アレルギーを持った人でも飼いやすい犬種です。
色々なカットを楽しめるのも特徴ですね。

しつけやすく、学習能力が高く、慎重で、命令に対する反応もよく、感性豊かな性格で、飼い主を喜ばせようといつも一生懸命努力します。
しかし、なかには見知らぬ人に神経質になったり、吠え癖を持った犬もいますが 子供がいる家庭には最適な犬種です。

サイズとタイプ

プードルの歴史

プードルには4種類のサイズがあります。

スタンダード 体高 45~60cm(+2㎝まで許容される)
体重 16~25kg
ミディアム 体高 35~45cm
体重 8~15kg前後
ミニチュア 体高 28~35cm
体重 6~7kg前後
トイ 体高 24~28cm
体重 3~4kg前後

この他、血統書登録はトイですが、トイ・プードルより小さいプードルを俗にこのように呼びます。

タイニー 体高 -
体重 3kg以下
ティーカップ 体高 成犬時の体高が23cm以下
体重 2kg以下
マイクロ・プードル 体高 成犬時の体高が20cm以下(ティーカップサイズよりも小さい極小プードル)
体重 -

しかし、正式な犬種として認定はされていません。
プードルもダックス同様カラーが豊富です。
毛色、大きさによって性格が違うみたいですが、一般的(JKC公認)にプードルは1色(ソリッドカラー)でなけれはならない、1色が当たり前ですが、パーティーカラーやファウルカラー、ミスカラーという2色以上の毛色も存在するようです。

プードルのタイプ

ハイオンタイプ(ハイオン・レッグズタイプ) 体長に比べ体高が高いタイプ(縦長)。
全体的にスリムで骨細、足長さん。
極端に骨の細い子は骨密度が低く、骨折しやすい。
お顔もコンパクト、体重も軽め。
スクエアタイプ(理想体型) ハイオン・ドワーフの特徴を持ちながら、体高と体長が等しい、理想的な体型(ショータイプ)。
ドワーフタイプ(ローオン・レッグズタイプ) 体高に比べ体長が長いタイプ(胴長短足)。
小さい体ですが、骨太で、ずっしりと重くなる。
体の割には顔が大きい。

飼育する上で注意が必要なこと

プードルには人との交流が欠かせません。
毎日知的な遊びを取り入れて、肉体的にもたっぷり運動させてやることが大切です。
毎日、短めの服従訓練を取り入れ軽めの散歩や知的な遊びを取り入た室内ゲームなどをさせるとよいでしょう。
また、滑りやすい床や路面に対しても配慮が必要です。

晴天日のアスファルトなど地面が熱い時の散歩は熱中症になりやすいです。
朝や夕方などの地面の冷たい時間帯に散歩をするようにして、散歩後にはたっぷりと水分補給をしてあげましょう。 特に、妊娠中や子犬は、気をつけましょう。

小型化や肥満防止のために十分な量の餌を与えられない結果、栄養失調やカルシウム不足などになるケースも増えています。
安易にごはんを制限したり、無理なダイエットはせずに、獣医師に相談するなど、専門家の元で体型を維持していくことが望まれます。

被毛の手入れは、クルクルとカールした毛は絡まりやすく毛玉になりやすいので、2、3日に1回はブラッシングをしてあげましょう。

よくある病気について

膝蓋骨脱臼症候群
膝のお皿が内側あるいは外側にはずれる疾患で、先天性のものと外傷性のものがあります。
膝蓋骨の脱臼により大腿四頭筋の配列が乱れ、足をひきっずたり、歩行困難になります。
レッグぺルテス
大腿骨頭(股関節の大腿骨側の部分)への血液の供給が不足して骨頭が壊死(局所的に死んでしまう)してしまう疾患です。
甲状腺機能低下症
甲状腺の機能が低下することでホルモン異常を起こし、脱毛や、毛艶の低下、色素沈着などの皮膚病が見られます。
寒さに弱くなり、行動力の低下が見られ覇気がなくなりますが、食欲や体重は増加するのが特徴です。
症状に注意することで早期発見が可能な内分泌疾患です。
気管虚脱
気管輪がつぶれて扁平になってしまい呼吸困難を起こします。
糖尿病
遺伝的体質に、肥満や運動不足、精神的ストレスなどの原因が加わって糖尿病を引き起こします。
症状が進むと、多飲・多渇・多尿で体重が減少し、さらに進行すると、食欲不振や嘔吐、脱水が見られます。
合併症により、病状が重篤になることもあります。
耳の病気

<外耳炎・中耳炎>
外耳炎は耳に穴の鼓膜より外側の部分の炎症をいい、細菌性、真菌性、異物、アレルギー性、脂漏性、耳疥癬(ダニ)、外傷などにより引き起こされます。
中耳炎は鼓膜より内側の鼓室という部分と耳管(鼻腔と鼓室をつなぐ管)の炎症です。

<耳道内腫瘍>
良性や悪性の腫瘍が耳道内に発生しますが、なかなか治らない外耳炎、耳の悪臭耳道からの出血を繰り返す場合は腫瘍の可能性があります。

口腔の病気

<乳歯遺残>
本来、生後6ヵ月から10ヵ月までに乳歯から永久歯に生え替わらなければなりません。
しかし乳歯の脱落が遅れることにより、永久歯と乳歯が二重に生えている状態。
永久歯の成長に影響を与える。また乳歯が腐敗して口臭がすることがあります。

<歯周病>
歯垢が歯と歯周組織(歯と歯肉の境界付近)に蓄積し、歯垢内の細菌(歯周病菌)により引き起こされます。
歯周病に侵された歯は、歯を支えている歯槽骨が溶けてなくなり抜けてしまいます。

目の病気

<流涙症>
結膜炎や角膜炎、まつげの刺激で涙液の量が増加したり、涙点の閉塞により涙が排泄されず内眼角からあふれてしまう状態です。

<白内障>
水晶体が白濁し見ずらくなるので、物にぶつかるなど視力障害がでます。
進行すると緑内障や水晶体脱臼を併発することも。

<進行性網膜萎縮>
網膜が薄くなって、視力の低下を引き起こし、失明に至ります。
初期は、夜間の視力障害が見られ、次第に昼間も見えづらくなっていきます。

<角膜炎・角膜潰瘍>
細菌やウイルス、外傷により角膜表面が炎症を起こした状態を角膜炎炎症が進み深い傷が形成された状態を角膜潰瘍といいます。
傷ついた角膜は白く濁り、痛みで眼が開けられず涙を流します。

<結膜炎>
感染やアレルギー、異物などが原因で、結膜が充血したり腫れたりします。

mailform

CONCEPT

DOGS

OTHERS

子猫一覧

Information

Shortlegs Village
- ショートレッグス ビレッジ -
〒734-0022
広島県広島市南区東雲2-17-13-3
アクセスマップはこちら >>

ミニチュアダックス、カニンヘンダックスなど、かわいくて飼いやすい子犬を育てています。健康で性格の良い子犬をお探しなら、広島市の「Shortlegs Village
」へご相談ください。

  • 080-3875-0279
  • mailform

旧ブログ「短足村日記」

pagetop